立ち合い車検と部品交換

車検には立ち合い車検と呼ばれるタイプがあります。

これは整備点検の様子をクルマのオーナーに見せることを言いますが、立ち合うことのメリットは、オーナーが自分のクルマの状態を目で見て、把握することができることです。

練馬区の車検情報があります。

ブレーキパッドがどれくらい残っているかとか、ローターが傷ついているとか、クルマの底が錆びているとか、普段目にすることがない部分を見ることで、部品の交換が必要であるとか、まだもう少しいけそうなどの、判断をオーナー自身が下すことができます。

とりあえず現状で車検に通れば良いという考えと、次の車検まで部品を交換する必要はなく、安心して乗ることができる方が良いという考えと二通りあります。
クルマに関する知識があまりない方や、安心安全を最優先をする方は、まだ使えても、早目の交換が無難です。

東京の車検の情報を調べてみましょう。

しかし、ある程度クルマの知識がある、あるいは安く仕上げることを第一優先とする場合は、無理に部品交換をする必要はありません。


5年目、7年目以降の車検になると、いろいろ消耗品部品がダメになって、部品交換だけでも相当の額になってしまうことも少なくありません。その際には、後何年乗り続けるのかということも考える必要があります。



10年乗るつもりなら、5年目で部品交換をすればもう交換することはないので、無理して7年目まで交換時期を引き延ばす必要もありません。

もちろん、計算通りに行かないことも多いのですが、様々な要素を考慮しながら部品交換を考えると良いでしょう。